2014年04月06日

懐かしのアメリカンクラブハウスサンド

DSC06619 (616x640).jpg
山型のパンドミで作ったメニューはこのアメリカンクラブハウスサンドです
トーストしたパンに自家製タルタルソースをぬり、チェダーチーズ、プロシュートコットと言うイタリアの美味しいハムのグリルトマト&レタス玉子焼きを乗せてマスタードをぬったパンでサンドしたものです

DSC06618 (593x640).jpg
このサンドイッチは神戸でのCAFE時代にお店で提供していた懐かしのメニューなんです
ランチメニューでカレーやパスタのラインナップが揃っていても、あえて単品で注文が入るんですよね
スタイニーなコロナビールとクラブハウスサンドの組み合わせが大人気でした

神戸の人は本当にパンが好きなのでパンには結構うるさいんですよね


DSC06619 (616x640).jpg
神戸時代のお店を知らないtanabataちゃんの2人にも

【tanabataを始める前は、神戸でお店をしていてこんなメニューもあんなメニューもやっていたんだよ〜】

サンドイッチを頬張りながら、そんな昔話に花が咲きました

tanabataがもしイタリア料理じゃなくそのままCAFEだったら、淹れ立ての珈琲と、焼き立てのパンで本格的なグルメバーガーやサンドイッチ、自家製のスイーツをウリにしたお店にしていたでしょうね


将来、tanabataシェフが現役を引退したら、tanabata娘達と一緒にCAFE tanabataをやっても良いかもexclamation&question

な〜んて勝手な妄想したりして






















posted by tanabataマダム at 22:38| 香川 ☀| Comment(2) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

超ボリューミーなグルメバーガー♪♪♪

DSC06635 (615x640).jpg
特製のBIGバンズで作ったものは、もちろんハンバーガーです
でもtanabataシェフが考える事ですから、ただのハンバーガーじゃありませんよ〜

tanabataシェフの指示通り、ここからはtanabataマダムが仕上げの作業を担います手(グー)

バンズをまず半分にカットして両面を軽くトーストしたら…

バンズの下面に自家製マヨネーズから作った特製タルタルソースを塗って、フリルレタス、トマト、ケチャップ、ビーフパテ、チェダーチーズ、ゴールデンオニオン、ピクルス、フライドオニオンのチップ、バンズの上面にはマスタードが塗ってあります

超ボリューミーなグルメバーガーに仕上がりました

付け添えには、新じゃがで作ったフライドポテト

グルメバーガーの爆弾火付け役となった、東京五反田にある【フランクリン・アベニュー】をイメージした一皿だそうですレストラン

たまにはこんな豪華なアメリカンも良いでしょ!?

東京まで食べに行ったら、かなりお高く付きますが、手間でも全部自家製で作ってしまえば、本当にリーズナブルなんです

料理&お菓子作りが趣味なtanabata一家は外食費が殆ど掛からないので、美味しい思いをしている割に、家計はとっても経済的なんです

DSC06637 (640x598).jpg
重ねてみましたがかるく10p超えでした
こども達はこの大き過ぎるハンバーガーに、初め若干引いてました

これ、どうやって食べるん!?】

真剣に悩んでたので、豪快に、そしてアメリカらしくexclamation&question自由に食べる様いい加減なアドバイスをしました

だってハンバーガーって、食べ方気にする様な食べ物じゃないので、豪快に食べた方が絶対に美味しいんですよぴかぴか(新しい)

DSC06422 (640x630).jpg
実はこのグルメバーガー、2回作ったんです手(チョキ)
初めはこんな感じでした
1回目は、自家製照り焼きソースを合わせた子供達が大好きな照り焼きバーガーでした

DSC06426 (539x640).jpg
一緒に熱々のオニオングラタンスープも…
パンも自家製のライ麦カンパーニュにチーズをのせてオーブンで焼いています
本当に熱くてチーズがトロトロ
じっくり炒めた新玉ねぎが甘いの何のって

DSC06635 (615x640).jpg
どちらもめちゃくちゃ美味しかったのですが、2回目の方がチェダーチーズとオニオンチップのコクがプラスされ、パテも今回は薄く&大きく焼いてもらったので、改良された分、とても食べやすかったです

飴色に炒めた玉葱も、良い仕事してくれて存在感バッチリでした
お肉はジューシーで旨みたっぷりなのに、野菜も一緒に食べているのでしつこく無くて、次の日、胃もたれしもしませんでした


東京のグルメバーガーは、このサイズだと1400〜2000yenは下らないですが、サラダとパンとメインがワンプレートになったと思えば、充分納得出来ますひらめき

本格的なグルメバーガーは所謂ファーストフードとは全くの別物ですね

【フランクリンアベニュー】も高級感漂う店内で、フレンチかイタリアンの様な雰囲気なんですよね〜
シェフが目の前で作ってくれる安心感もありますし、ここのお店はナイフとフォークで頂くスタイルのお店なので…レストラン


音楽が大好きなtanabataシェフ
未だに趣味でエレキギターを弾きまくり…
それでも、ロックに限らず、クラッシックもポップスもカントリーもジャズもブルースも
ジブリもディズニーだって…

ノージャンルで聴くタイプなので、そんな所がイタリア料理だけに固執しない柔軟な料理作りにも反映されている様です



DSC06366 (578x640).jpg
そんなフリースタイルが持ち味のtanabataシェフなので、普段の家庭料理を作る、tanabataマダムの専売特許は【ザ・和食】です

煮物に煮魚・和え物・酢の物ばかり作っています(余談ですが

DSC06368 (591x640).jpg
毎日の夕食が純和食なtanabata家にとって、重宝しているのがこの手作りのお箸です
tanabataシェフ&マダムそしてtanabataちゃんの2人にと、公私共々お世話になっているお客様が、わざわざ竹から作って下さったんですぴかぴか(新しい)
和のアイテムなのに、大好きなルクルーゼの様なビタミンカラーな所も気に入っています

とにかく軽くて持ちやすくて、細かいごはんやお豆が掴みやすくて使う度に毎日感心する程です
本当に趣味で作っているとは思えない程の【職人技】です

tanabataをやっていると多才な方々に巡り会う機会が多いので、皆様から良い刺激を貰っています
これからも大切に愛用させて頂きますね



DSC06414.JPG
次回は山型のパンドミで作った神戸CAFE時代の人気メニュー、グルメサンドをご紹介しますので、パン好きの方は必見ですよ
どうぞお楽しみに〜
























posted by tanabataマダム at 18:10| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

山型パンドミとバンズが焼けたので…

DSC06414.JPG
美味しそうな山型パンドミとBIGなバンズが焼けましたよ〜
店中に漂う何とも言えないパンの良い香りが、写真ではお届け出来ないのが残念ですたらーっ(汗)
tanabataで提供するパンを焼いた後に、趣味でシェフが作ってくれました

春休みで子供達が自宅にいるので、喜ばせようと言う魂胆です(笑)

さてさて、このパンを使って何を作るのでしょうかexclamation&question


また後ほどご報告しますね♪絵文字でバレてるし














posted by tanabataマダム at 13:46| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。